物理エソロジー研究室

助教 西上幸範 (Yukinori NISHIGAMI)

専門分野


原生生物、細胞運動、細胞生物学、生物物理学、人工細胞、アクチン、ミオシン

研究内容


 原生生物の世界は多様性に満ちている。近年になって実験的に遺伝情報を得ることが容易になったことから、この情報を用いた生物の系統分類が進んでいる。この分類によると、これまで真核生物の石柱を担ってきた動物や植物、菌類といった生物は実は真核生物の多様性の一部でしかないことが分かってきた。では真核生物の多様性を担う生き物はどのような生物だろうか。面白いことに、実は真核生物の多様性はアメーバやゾウリムシといった原生生物の多様性にほとんど等しいことが分かってきた。また環境中でもこの生物は非常に重要な役割を果たしていることが分かっており、地球環境を理解するためには原生生物のことを理解することが必要不可欠である。この様に原生生物は私たちヒトにとって大変重要な生物ではあるが、原生生物は非常に小さく肉眼では見えないことや、ほとんどの種が培養困難であるといったことから、これらの生物に関して人類が分からないことはまだまだ沢山残されている。私はこのような原生生物のなかから特に面白い行動や動きをするものに興味をもって研究を進めている。原生生物の行動というと少し可笑しく聞こえるかもしれないが、目や耳や脳すらない原生生物は自身の生存のためにまるで考えているかのような行動を示す。例えばアメーバは餌に向かって仮足を伸ばすが、DNAを傷つける可能性のある光からは逃避する。またゾウリムシは餌の豊富な障害物近くを泳ぐことが多い。これらの行動は神経によって制御されているわけではないが、観察する我々からするとまるで考えているようにしか見えない。私はこの考えてないのに考えているように振る舞う原理を解明することを目標としている。この事を実現するために、細胞の動きを三次元で観察したり、流体シミュレーションを駆使したり、人工細胞を作ったり、手法にこだわらず多くの共同研究の方々に助けてもらいながら研究を続けてきた。興味のある方や一緒に研究したいと思った方は気楽にご連絡い頂ければと思います。

研究業績


原著論文

総説・解説など

招待講演


外部資金


受賞歴

学会活動


所属学会

役員など


page top